NEWS&EVENTSニュース・イベント情報

EVENT

高松市美術館 特別展「高松コンテンポラリーアート・アニュアルvol.11 フラジャイル/ひそやかな風景」を開催します!

高松コンテンポラリーアート・アニュアルvol.11 フラジャイル―ひそやかな風景―

高松コンテンポラリーアート・アニュアルvol.11 フラジャイル―ひそやかな風景―

2022年10月1日(土曜日)~11月6日(日曜日)高松市美術館にて、特別展「高松コンテンポラリーアート・アニュアル vol.11 フラジャイル/ひそやかな風景」を開催します。

 独自性のある優れた作家を紹介する「高松コンテンポラリーアート・アニュアル」。今回は「フラジャイル/ひそやかな風景」をテーマに、5人の気鋭の作家による作品を通して、「フラジャイル(fragile=こわれやすい、繊細な)」な表現の魅力に迫ります。赤松 音呂(あかまつ ねろ/東京都生まれ)はインスタレーション等様々な手法により、自然や日常生活の中でひそかに脈打つリズムを掬い上げます。諫山 元貴(いさやま げんき/1987年大分県生まれ)は「崩壊と複製」をキーワードに、制御できない出来事により物質が変化する様子を映像やインスタレーションにより表現します。稲崎 栄利子(いなざき えりこ/1972年兵庫県生まれ)は細かな土のパーツを無数に組み合わせて焼成する独自の技法により、陶芸の可能性を拡張し続けます。北野 謙(きたの けん/1968年東京都生まれ)は人間の視覚を超えた、人間と宇宙をめぐるビジョンを写真により表現します。本田 健(ほんだ たけし/1958年山口県生まれ)は岩手県遠野を拠点に、山野や自宅の庭などの風景をチャコールペンシルや油彩により緻密に描きます。多彩な表現の数々をお楽しみください。

関連イベントも開催。詳しくは、こちら(高松市美術館ホームページ)をご覧ください。

-----------------------------------
高松市美術館 特別展「高松コンテンポラリーアート・アニュアル vol.11 フラジャイル/ひそやかな風景」
会期:2022年10月1日(土曜日)~11月6日(日曜日)
休館日:月曜日(ただし10月10日(月曜日・祝日)は開館)、10月11日(火曜日)
開館時間:午前9時30分~午後5時(入室は閉館30分前まで)
(ただし、金曜日・土曜日は午後7時閉館)
会場:美術館2階展示室
主催:高松市美術館
協力:ミヅマアートギャラリー、アートギャラリーミヤウチ、目黒陶芸館、水戸忠交易、MEM

観覧料:
【一般】800円(640円)※65歳以上も一般料金
【大学生】500円(400円)
【高校生以下】無料
※( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所持者(または障害者手帳アプリ「ミライロID」提示)は入場無料

お問い合わせ先:高松市美術館 電話:087-823-1711