01
うどん王国で
地元グルメを堪能する
香川県高松市で外せないグルメといえば、何といっても讃岐うどん。出汁とコシの強さが特徴の代表的なソウルフードです。地元ならではのグルメは他にもあります。骨付きの鶏もも肉を焼いた骨付鳥や、オリーブを飼料にしたオリーブ牛、瀬戸内海で採れる新鮮な魚介など個性豊かな食材がそろっています。
7 things you can do in Takamatsu
やっぱり
食べたい
讃岐うどん
#01
讃岐うどん店は香川県下全域にあり、高松市も例外ではありません。席で注文する一般店、トレーを手に注文・清算して食後は返却口へ運ぶセルフ店、さらには工場の片隅でできたてを食べることができる製麺所と、高松市内には様々なスタイルの店が軒を連ねます。
地元民ともなれば誰でも一つは行きつけのうどん店があり、自分好みの食べ方があるものです。
ぜひあなたもお気に入りの一杯を見つけてみてください。
うどん作りを体験できる施設もありますよ。
7 things you can do in Takamatsu
肉派のあなたも
大満足
#02
讃岐うどんに次ぐ香川県の名物といえば骨付鳥。骨付きの鶏もも肉をスパイシーに焼き上げた一品です。
骨付鳥専門店では、柔らかくジューシーな若どりと、噛むほどに味わい深い通好みな親どりを選ぶことができます。
付け合わせのキャベツやおにぎりとともに食べるのが定番スタイル。もちろん、よく冷えたビールが欠かせません。
また、少し贅沢なディナーには、オリーブ牛のステーキがおすすめ。オリーブ牛は香川県産のオリーブの絞り果実を食べて育ったことから、肉本来の甘みがありながらあっさりした旨みを味わえます。
7 things you can do in Takamatsu
瀬戸内海の
新鮮な魚介を
堪能
#03
瀬戸内海は魚介の宝庫。穏やかな海流のもとでタコやサワラなど、さまざまな種類の魚介が育まれ、まさに「天然のいけす」です。
なかでも春を告げる風物詩として知られるサワラは、骨が少なくて柔らかく、マグロの中トロのような食感と旨みが特徴。どんな料理にしても美味しい万能選手です。
また、オリーブ飼料を食べて育ったオリーブハマチは旨みがありさっぱりとした風味で知られ、秋から冬にかけて食べられるオリーブハマチの漬け丼はとても人気があります。
冬の時期には、牟礼方面の漁港近くにあるかき小屋でかき焼きを楽しむのもおすすめですよ。
7 things you can do in Takamatsu
郷土料理
「あんもち雑煮」に
挑戦
#04
しょっぱさと甘さの絶妙なハーモニーが楽しめる讃岐を代表するハレの日の郷土料理といえば「あんもち雑煮」。
あんもち雑煮とは、香川県でお正月に食べる、白味噌仕立ての出汁にダイコンやニンジン、甘い餡入りの丸餅が入った、全国的にも珍しいお雑煮のことです。
市街地にはあんもち雑煮が年中食べられるお店がいくつかあり、観光客にとても人気がありますよ。