山海の恵み、冬限定の味わい 初摘みノリ

TRAVEL IN TAKAMATSU

高松港から海を眺めるたび、フェリーに乗って海の上から見えるたび、島の展望台から海を見下ろすたびに気になっていました。

沖合に見えるあの四角いところは何だろう…


高松港の沖合

養殖のイカダ

「あれは養殖のイカダ。ノリを育ててるんや」

防波堤の向こうにイカダが見える海辺の町を歩いていると漁師さんが教えてくれました。


漁師

「のり」といえば、お寿司やおにぎりなど日本の食卓には欠かせない食材のひとつ。

栄養価が高く、海の野菜、海の大豆ともよばれています。

2013年に和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたことも後押しとなって、外国でもヘルシーフードとして知られるようになりました。


初摘み海苔

ノリの産地というと、いわゆる漁村とよばれるような静かな地域や自然豊かな島で採れるものというイメージを抱いていたのですが……高松の海で作られているの!?

調べてみると、香川県のノリ類の養殖生産量(2015年)は全国第5位!

そして高松市は県内市町のなかでもトップの養殖生産量(2014年)。これは立派な特産品じゃないですか。

食べてみたい!

なかでも冬の収穫期の最初に摘み取られた「初摘みノリ」は全体の数%という希少なもので、それ以降のものとは一線を画する味わいだそう。

ますます食べてみたい!

そうこうしているうちに黒々としたノリを積み込んだ船が港へ帰ってきました。


海苔を積んだ船

ノリの摘み取り作業は、海面に上げた養殖イカダの下に船ごと潜り込んで行われます。

しっかりとした骨組みが特徴の通称・潜り船が大活躍。


海苔養殖の漁師

早朝からの作業を終えて戻ってきた船も漁師さんも、前線をくぐり抜けてきたようなたたずまい。

港の周辺にはノリ養殖に携わる漁師さんの家が8軒あり、そのうち1軒の生産工場を見学させていただけることになりました。


地濱水産の地濱英生さん

お話をうかがったのは地濱水産の地濱秀生さん。叔父さんやお父さんの代から高松でノリ養殖を行ってきた漁師さんです。


赤灯台と船

ノリ漁は冬の3ヶ月が勝負。秋に種付けされたノリは、12月下旬から収穫が始まります。初摘みの後に海苔芽が伸びてきたら二番摘み、また伸びたら三番摘みと続き、後になるほど硬くなってしまいます。

「板のり」に仕上げたときに、艶やかな光沢があり、緑がかった黒いものが一級品。

海の状態がノリの成育に影響するため、うまく色づかない年には1ヶ月で収穫をやめてしまうこともあるそう。


海苔を洗う

さて、船から吸い上げられたノリは大きなパイプを通って工場へ。

鮮度の高いうちに加工することでノリ本来の風味を楽しめる「のり」になります。

まずは汚れを落とすために1日かけて丁寧に洗います。

水揚げした翌日、さらに小さなゴミを取り除いたら完成は目前。


海苔の機械

できあがった板海苔

成型・乾燥する大きな機械から、規則正しい動きで板のりが仕上がって出てきます。


熟練の目でチェック

最後は熟練の人の目でチェック。クリアした「のり」のみが袋詰めされて出荷されます。

名刺代わりにどうぞ、と差し出されたのは初摘みノリを使った特上の「味付のり」。

さっそく袋を開けると、ふわっと磯の香りが鼻をくすぐります。

口にすると今まで感じたことのないパリッと感! 口どけのいいなめらかな味わいが後をひきます。これは白いご飯に合わせたい。

高松の海がきれいだからノリが育つのかな? と思ったらどうやらちがうみたい。

「きれいなだけの海じゃだめ。ずうっと離れた山の土壌がしっかりしていることも大事なんや。海へつながる川が山の栄養を運んでくれるおかげで豊かな海になる」


高松市と四国山脈

山といえば高松市の南には四国を横切るように四国山脈がそびえています。遠くに見える山が、目の前の海の恵みにつながっているなんて驚きです。

「あとは雨。収穫期の前に雨が降るとノリがおいしく育つ、まさに恵みの雨や」

海だけじゃなく山や空までも……のりは自然からの贈り物なんですね。


高松市沖の養殖イカダ

高松の沖合のほぼ全域に見られるノリの養殖イカダは高松の冬の風物詩。


海苔のお土産

軽い、かさばらない、日持ちもする、とお土産にもぴったり。サラダにのせると食感がアクセントに、スープに入れるとノリの風味が広がって、料理のアレンジにも頼れる一品です。

初摘みノリが店頭に並ぶのはお正月明けから。自然の恵みがたっぷり詰まった高松の「のり」をあなたの食卓でも味わってみてください。


INFORMATION

購入はこちら

かがわ物産館 栗林庵

住所
香川県高松市栗林町1丁目20番16号
TEL
087-812-3155
URL
https://www.ritsurinan.jp/
対応言語
日本語、English

季節ごとの庭園美が美しい特別名勝栗林公園に併設された物産館。香川県内から集めたご当地食材やお菓子、職人の技が光る工芸品などバリエーション豊かな土産物が並びます。栗林庵のオリジナル商品も人気。

乾物海産物問屋 丸一

住所
香川県高松市南新町4番地1
TEL
087-831-3307
URL
http://maru-1.info/
対応言語
日本語、English

高松中央商店街にある、鰹節やいりこなど和だしの素材を扱う老舗の乾物屋。手巻き寿司などに使う「焼のり」、だしや醤油で味を加えた「味付のり」、料理のトッピングに使いやすい「もみのり」と種類も豊富に揃います。

2018.2.14

KEYWORDS

PHOTOGRAPHERPHOTOGRAPHER

坂口 祐記事一覧

1980年生まれ、神奈川県茅ヶ崎市で育つ。慶應大学SFC、ロンドン大学で建築・景観設計を学ぶ。2010年に四国に移住し、四国経済産業局入局。2014年に四国の仲間と食材が届く情報誌四国食べる通信を立ち上げる。四国や瀬戸内の魅力を国内外に発信しているWeb物語を届けるしごとは160カ国以上から訪問がある。一般財団法人さなごうちの理事として、徳島県佐那河内村の季刊誌さなのごちそう便りの編集長を務める。

https://yousakana.jp/

WRITER WRITER

小瀧 恵理記事一覧

香川県高松市生まれ。大学などで服飾、色彩、グラフィックデザインを学んだ後、旅行やご当地グルメ、写真好きが高じて編集・ライターに。東京の編集プロダクションや出版社を経て2017年7月から高松市地域おこし協力隊に着任。高松市と周辺の魅力を発掘して発信する毎日。おすすめロケーションは、サンポート高松からの夕景。いちおし電車は、ことでん ひやく号。

RECENT POSTS新着記事

お探しの記事は見つかりませんでした。

ACCESS高松への交通アクセス

高松へ行くなら合わせて見たい近隣観光スポット

  • 高松より25min
    直島
  • 高松より3hrs
    道後温泉
  • 高松より2hrs
    広島
  • 高松より2hrs
    祖谷